育毛用Pureアミノ酸シャンプーで美髪を維持する

選ぶなら美髪&育毛向けシャンプー

これだけで美髪を維持できる

Pureアミノ酸シャンプー

アミノ酸系シャンプーでも品質によりこんなに違う

 効果は「処方構成」で決まる

髪
同じアミノ酸系シャンプーでも、品質が違うと、こんなに髪質は変わってきます。下はPureアミノ酸のレストルシャンプー

髪2

商品の宣伝に「コラーゲン配合」など成分名が書かれており、その成分の効果から商品も同じ効果が期待できると錯覚されています。しかし、成分自体の効果と商品の効果は違うことを知っておいてほしい。 

商品の効果は「処方の構成」で決まるのです。
どのような成分をなん%配合し、どのような成分が処方に組み込まれているかで効果は決まるのです。 

シャンプーにコラーゲンやヒアルロン酸を配合すると感触はよくなります。しかし、髪や頭皮に効果があるかといえば、期待できません。なぜなら、つけてすぐ洗い流すからです。 

シャンプーなら、オーガニックとか植物性、ハーブ、アミノ酸などが宣伝に使われていますが、やさしいイメージを持たせる効果はあっても、実質的な効果は「どのアミノ酸か、どのような目的で処方が組まれているか」で決まります。

右(または上)の2枚の写真を比較して見てほしい。

写真では細かい違いはわかりませんが、上の「髪のアミノ酸を取り、”汚れも美髪成分もいっしょに洗い取る”シャンプー」と、下の「Selection Wash(選択性洗浄)機能を持つ”汚れは取っても美髪成分は洗い取らない”レストルシャンプー」の違いは1回洗っただけで違いはわかって頂けます。

Pureアミノ酸シャンプーを使うことで、髪の色、ツヤ、まとまり感、髪のうねり、毛先のチリ付き、弾力など、細かい点でも違いはたくさんあります。
もちろん頭皮にも違いは出ています。


シャンプーを使う目的で選ぶ

頭皮1
シャンプーの違いは頭皮にも現れ、Pureアミノ酸シャンプーは頭皮に洗浄成分のストレスを与えない

頭皮2

食べ物に例えると
①健康になんの心配もなく、自分の好きな食べ物が食べられる。
②すこし健康に注意が必要で、食べ物にも気をつける。
③何かの病気を治すため、食べ物や味をガマンしなければならない。 

シャンプーも同じで、髪になんの心配のない人は自分の好きなシャンプーを選べます。しかし、すこし髪が傷んだりしている場合は、髪の傷みを回復または予防するシャンプーを選び、薄毛を回復させたいなら「自分の好みや泡立ち、感触をガマン」して、薄毛を回復させるシャンプーを選ぶ必要があります。 

ほとんどのシャンプーは「感触を優先」させた症状構成になっています。
シャンプーした後にも髪に感触を残すためには、「感触が残るように」処方が組まれており、それが微量でも頭皮や毛穴の周りに残るから頭皮の育毛環境を悪化させていくのです。 

美髪を維持する、細毛にならない、薄毛を予防・対策するなら「美髪&育毛向けのシャンプー」がおすすめです。 

髪は頭皮から生え育っています。
だから「頭皮の育毛環境をよくする」配慮がなされたシャンプーを使わなければ、頭皮はしだいに疲労しおとろえていきます。


美髪&育毛用シャンプーの条件

頭皮3
シャンプーをレストルのPureアミノ酸シャンプーに変えて改善した例はたくさんあります。

頭皮4

「美髪+育毛」シャンプーの条件
・Pureアミノ酸の洗浄成分が主剤
・Selection Wash(選択性洗浄)機能(汚れは落としても美髪成分は落とさない)
・頭皮や毛穴の中へ浸透させない
・髪と頭皮の防御膜に関与しない
・アレルギー性、経皮毒性が極めて低い
・キューティクルを剥ぎ取らない
・髪のタンパク質を変性させない 

処方的に「頭皮にストレスを与えない処方」、頭皮の育毛環境をよくするようにつくられており、使っているうちにしだいに髪質は回復していき、太く健康な髪が生えてくるようになります。 

とくに女性の薄毛に関しては「シャンプーだけで回復」した例はたくさんあり、使用したほとんどの人は髪質がよくなったと喜ばれています。 

このことは「シャンプーが薄毛の原因だった」ことを証明しており、シャンプーがいかに髪や頭皮にダメージを与えていたかがわかります。 

比較写真の見方
ネットで改善の比較写真をよく見かけますが、「薄毛の改善」は毛の量だけが増えるのではなく、髪の色やツヤ、頭皮の色など「別人のように違って見える」のがホンモノ。
合成写真が多いのでご注意を。
それと、多くの写真は「薄毛やハゲ」の症状ではなく「円形脱毛症の写真」が多い。
円形脱毛症だから早く治るのです。


美髪&育毛用シャンプーの使い分け

頭皮5
男性型脱毛症、AGAの改善は根気が必要。 この写真は、17ヶ月もしんぼうしてケアした結果です。 3~5ヶ月でフサフサなんてことはないので、あまり期待しているとあきらめてしまいがち。

頭皮6

薄毛の症状や進行度により、次のシャンプーを使い分けています。

①レストルケアシャンプー
美髪と薄毛の予防、初期の薄毛に用いるシャンプーです。

②レストルエコシャンプー
美髪と薄毛の予防、初期~中期の薄毛に用いるシャンプーで、頭皮に炎症のあるケースで使います。

③レストルシャンプー
美髪と、薄毛の改善のために用いる本格育毛シャンプーです。
男性型脱毛症、AGA、進行した薄毛に用いて実績のあるシャンプーです。

④レストルEveシャンプー New
美髪と薄毛の改善のために用いるシャンプーで、続けて使ってもらう会員専用の経済的にもお得なシャンプーです。
レストル本社、レストルEve、レストル美容室しか販売していないシャンプーです。

⑤レストルHiシャンプー
使う人の体質や症状、目的に合わせたセミオーダーのシャンプーです。


購入の手順 カウンセリング販売

頭皮7
頭皮8
頭皮9
分け目が広がる、頭頂部から薄くなっていくのは頭皮が顔のほうへずり落ちていくから。 だから顔の目尻が下がる、頬やあごがたるむなど「老け顔」になっていく。 レストルでは、頭皮と顔の老化も同時に改善していくことをお進めしている。

レストルは「使われる方の体質、髪の状態、頭皮の状態、進行度、現れている症状」などをカウンセラーがメール、画像診断、聞き取り、直接チェックのいずれかの方法で確認してから「使用者に適した使い方」と「注意事項」を商品といっしょにお届けしています。

購入の手順
①まず、フォームに記入してお送り下さい。
②カウンセラーから、さらに詳しい内容をお知らせしますので、症状の詳細やいままでの手当の経歴などをお知らせ下さい。
③カウンセラーが、症状に適したシャンプーをお知らせしますので、それを購入して頂きます。
④4週間ほどシャンプーだけのケアをおこない経過を報告してもらい、その結果を見て手当の方向などを調整していきます。
⑤以後は担当のカウンセラーと連携して手当を続けていきます。

具体的なことはメールまたは希望者には電話でお知らせやアドバイスをしております。

ここが違います
レストルは「カウンセリングと施術の認定を受けた」経験豊かな美容師が、カウンセリングを担当しています。
販売員との違いは「販売員は”商品を売る目的”でカウンセリングをおこなう」のに対して、レストルのカウンセラーは「症状を改善するためのカウンセリング」をおこなっており、症状に適した手当を組み立ててから、その手当に必要な商品を選んでいます。

商品の違い
レストルの商品は「研究室生まれの商品」ではなく、100%実践現場から産み出した「効果を最優先させた」高機能性商品で、プロ仕様で作られています。
45年にわたる育毛、美髪、美肌、トラブル肌などの研究と商品の開発、施術方法の開発をし、製造から施術までを一貫しておこなう専門会社です。
できるだけ価格を抑えるため「製造直売」形式にし、効果を確実にするようカウンセラーによるカウンセリング販売をしています。

↑ PAGE TOP