ヘアカラーも薄毛・細毛の原因

緊急報告 ヘアカラーで薄毛・細毛は進行する

薄毛とヘアカラーの悪循環

地肌が見えるくらい薄毛が進行すると、黒い髪では地肌が目立つため、ヘアカラーする人が多い。

またヘアカラーの薬液がしみたり痛みを訴える人も多い。

25~40分も薬液を塗布したまま放置することで、右の写真のように頭皮が炎症を起こすことが多い。

また、薬液が毛穴から浸透して毛穴の内部を攻撃します。

つまりヘアカラーで頭皮が弱り、毛は細くなり、薄毛が進行する環境を作るのです。

定期的なカラーは頭皮を弱らせます。毛穴の内部までダメージを与えて薄毛を発症させたり進行させていきます。

毛穴の周囲に炎症、うっ血、血管が敗れて出血、細胞の浸潤、破壊など悲惨な状態になっています。とくにアレルギーやアトピー体質の人に多い。


カラーして3週間後の毛穴

写真右上は、毎日シャンプーしているのに3週間たってもまだ毛穴の薬液が取れていません。(毛穴の中も染まっています)

毛穴の周りにヘアカラーの薬液がこびりついてシャンプーでは取れません。

ヘアカラーの薬液には界面活性剤が配合されており、薄毛・細毛や白髪の原因に。

写真右下は毛穴の周りに炎症が起きています。これが抜け毛や細毛につながり、やがて薄毛になっていきます。

ヘアカラー薬液の付着・残留だけでなく、炎症、浸潤、むくみ状態が続いています。
このように頭皮の育毛環境は悪化しているのです。

薄毛・細毛に不安なら「頭皮回復カラー」をおすすめします。

カラーやパーマは、薄毛・細毛、白髪の原因になることを知ってほしい。


ヘナや家庭でのカラーも危ない

「ヘナは安全」といわれていますが、写真右上のように美容室でカラーするよりも毛穴への残留が多く、決して安全ではないのです。

植物性だから安全といわれるヘナでカラーした毛穴。
染料がこびりついて取れない状態で、頭皮を弱らせています。
通常のカラーより放置時間が長く残留しやすいので要注意。

やはり薄毛・細毛や白髪の進行を早めているのは事実。
十分な対策が必要。

写真右下は毛穴への残留と炎症がおこっています。
ここまでしてヘアカラーするかと思うくらい頭皮や毛穴の状態は悪化しています。
ここから薄毛・細毛が始まり、進行していきます。怖いですね。

これは洗い方や美容室の技術的な問題ではなく、今のところ手当をして予防するより方法はないのです。


安全にヘアカラーをするには、どうすればいい?

ヘアカラーの前に頭皮保護セリピッド(15ml 1,980円)

美容室や理容室でヘアカラーしてもらうときは、前もって「頭皮保護セリピッド」を頭皮全体に塗ってから美容室へ出かけましょう。

そして美容室でそのままカラー施術をしてもらうだけ。(ヘアカラー前にシャンプーや予洗いはしないですぐカラー施術を)

頭皮保護セリピッドが頭皮と毛穴をカラー薬液から保護するだけでなく、頭皮を回復する働きも持つので、きれいでツヤのある発色になります。

ヘアカラーのレシピがついているので、それを行きつけの美容室に持って行き、読んでもらいそのとおりにヘアカラーしてもらうとよいでしょう。

※パッケージは異なる場合があります。

薄毛・細毛の改善するなら セリピッド(100ml 9,000円/税抜)

カラーやパーマの時だけでなく、薄毛・細毛を回復する手当をしたい方には、セリピッドを育毛手当に組み入れてください。

頭皮が弱ると毛穴の中の常在菌が異常繁殖して、脂くさいにおいがしたり、皮脂が酸化しやすくなり薄毛・細毛はますます進行していきます。
そのような場合はセリピッド2を使うとよいでしょう。
(脂漏性タイプの改善にも効果的)

皮脂が多い薄毛・細毛には「セリピッド5」があります。

またオイルローションはベタつくからというときは「頭皮ローション7」の水溶性ローションで皮脂分泌を抑制していくとよいでしょう。


↑ PAGE TOP