薄毛の予防 もくじ

薄毛の予防 もくじ

ご覧になりたい項目をクリックすると、詳しいページに行きます。

・薄毛になりたくないなら

健康毛が毎日のシャンプーやカラー、パーマなどで傷んでくると、シャンプーのたびに汚れとシャンプー液が毛の内部に入り込み、蓄積されていきます。 だからトリートメントしても乾燥毛やダメージヘアが改善できない状態の変性した髪になります。

・夏に進行する薄毛の予防

夏は気温と冷房の温度差、湿度、汗、寝不足、水分の取りすぎ、海水浴、紫外線など頭皮の育毛環境が極端に悪化する季節でもあります。 この結果頭皮がのぼせ状態になり、頭皮が弱り、そのしわ寄せが秋になってからの抜け毛といわれる状態になります。

・髪の傷みは薄毛の信号

髪がぱさつく、うねりがでる、つやがない。このような髪の傷みは薄毛の信号です。 毎日シャンプーすることで、髪の防御膜は取り去られ、キューティクルが剥がれやすくなり、やがて剥がれ始め、シャンプーの成分が髪の中へ浸透していき髪が傷んでいきます。 頭皮にも防御膜があり、その防御膜も毎日のシャンプーで同様に取り去られます。

・薄毛のサイン

鏡で見ていると、どうしても「髪はまだだいじょうぶ」と楽観的になってしまいます。しかし、現実は「毛穴の中で薄毛が進行」しており、はっきりと自覚できるようになったらすでに「進行度3」まで進行した状態となっています。

↑ PAGE TOP