ダメージヘアの原因はシャンプー

ダメージヘアの原因はシャンプー

こんなにキューティクルが剥がれている

20代から50代にわたり広い年代層で「髪がパサつく」という女性が増えています。

いいシャンプーやトリートメントを使っている人でも、なぜ髪がパサつき、ダメージがひどくなっていくのでしょうか。
その原因は、いま使っているシャンプーにあります。

シャンプー後の水をこしてみると、右の写真のようにキューティクルがたくさん剥がれ落ちているのがわかります。

これはシャンプーのよし悪しにかかわらず、ノンシリコンやオーガニックタイプのシャンプーでも、ほとんどのシャンプーでおこっています。

毎日シャンプーすることで、キューティクルが剥がれ落ち、髪の内部へシャンプーが浸透していき、髪の損傷は髪の内部の深いところまでおよんでいきます。
だから、市販の「髪の表面だけのトリートメント」では、改善できないのです。


ここにシャンプーが残留

右の写真は、毎日のシャンプーでキューティクルが浮き上がっている状態。(ビルトアップと言います)
この状態だからクシ通りが悪くなるのですが、この髪に「(感触の)いいシャンプー」を使うとどうなるでしょうか。

感触のいいシャンプーは「洗った後も感触が残る」ように処方されているため、髪に残留しやすいのです。

とくに浮き上がり、すき間ができたキューティクルのすき間にシャンプーが入り込み、すすいでも残ってしまうのです。

つまり、髪は「微量のシャンプーを残したまま」トリートメントしているのです。
いいかえれば「シャンプーをキューティクルのすき間に閉じ込めたまま」トリートメントしているのです。
それでは髪がよくなるはずがありません。


こんなにシャンプーが残っている

右の写真をよく見ると「泡がたくさん出ている」のが見られます。

これは、シャンプー後の髪や頭皮を活性水で洗浄した写真。
体験した人は全員「じぶんの髪や頭皮にこれだけのシャンプーが残っている」ことに驚かれます。

そして「じぶんではていねいにすすぎ洗いしているのに」と、疑問を持ちます。

「(感触が)いいシャンプーを使っているからですよ」と答えております。
つまり「感触がいいシャンプー」とは、髪に感触剤が残るシャンプーのこと。
感触剤が残ると言うことは「界面活性剤も残る」ということ。

この界面活性剤が髪を攻撃して損傷毛になるだけでなく、毛穴から浸透して「薄毛」を進行させているのです。

薄毛が気になる人は「じぶんにとって“いいシャンプーとは”どんなシャンプーか」を知る必要があります。これを知らずにいると、 いいと思って購入して使っているシャンプーで損傷毛がひどくなったり、薄毛になるという悲惨な結果になってしまいます。


シャンプーの強化剤

髪や頭皮のためには「感触よりも機能重視」のシャンプーを選んで欲しい。

でも、「どうしてもいま使っているシャンプーを使いたい」という人のために開発されたのが「アクセラエッセンス④」です。

いま使っているシャンプーの使用時に、1~2滴加えてシャンプーするとキューティクルや頭皮にやさしいシャンプーとなります。

レストルアクセラエッセンス 30ml 1,800円(税抜)

髪の状態を聞き取り、カウンセリング販売をするため、購入は下記の「レストル直営店」でしか販売しておりません。
・レストルストア
まず体験してみたいかたは下記のレストル美容室へお越し下さいませ。
・レストル新大阪店 お電話:06-6185-1387
・レストル玉造店 お電話:06-6796-9989


↑ PAGE TOP